カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットになるのに有利な大学と学科は?

まずは4年制大学へ

私自身は航空大学校を卒業して、エアラインに就職しましたが、日本でエアラインパイロットを目指す方がまず考慮するのが航空会社各社の自社養成、そしてその次が航空大学校への進学でしょう。(航空大学校受験対策)この二つの選択肢が費用や学費、実績、教育水準を考慮してまず目指すべき進路です。まず自社養成試験への合格をめざし、合格できなければ他の就職活動の状況を考慮しつつ航空大学校の受験を考えてみてはいかがでしょうか。航空大学校であれば、大学卒業後に入学することも可能です。(日本でエアラインパイロットになるには1 
JAL・ANAの自社養成であれば4年制大学または大学院卒業・修了以上が必要ですし、航空大学校への進学も修業年限4年以上の大学に2年以上在学して単位をとっておく必要があります。航空大学校は短期大学又は高等専門学校も可能です。(私立大学のパイロット養成コース

大学

パイロットになるには学歴は必要ない、といえます。実際、過去には航空大学校は高校卒業以上の学歴で受験することができました。飛行機は熱意と必要な勉強時間さえあれば誰でも操縦することができますし、実際飛行機の操縦自体はそんなに難しいものでもありません。アメリカでは自家用の軽飛行機で隣町のスーパーまで買い物に行く人もいるくらいです。
ところが日本のエアラインでパイロットになるためには、狭き門である採用試験・入学試験に合格する必要があります。そこで必然と優秀な人間に絞られてくるのは想像に難くないと思います。特に有利な勤務条件で飛べる大手エアラインの自社養成、航空大学校から大手エアラインへ就職となると競争の結果としてある程度学歴の高い人が自然に集まってきます。中堅やLCCになるとその競争の第二巡目になるわけですから、もう少し学歴という面では緩和されるのではないでしょうか。
もちろん学歴だけで決まるわけではありませんし、人物重視というのは企業も重点をおいて採用していると思います。パイロット適性検査も実施されていますし、身体検査がある以上コネも通用しません。本人の能力が全てですが、学歴は就職の競争では不利に働くことはないでしょう。

出身大学、特に自社養成合格者の出身大学を見渡してみると、東大・京大をはじめとする旧帝大、国公立大、慶応、早稲田、上智などの有名私立大学が多くなっています。
日本の現状における人気企業への就職というのは、大手商社・金融・メーカーなどを例にとっても同じ状況で、学歴も競争を有利に働かせています。
ただし、東大出身でも途中で訓練についていけずに訓練中止となる人もいます。選抜試験に通ったからといってパイロットに向いているか、パイロットになれるかはまた別の問題です。(パイロットと適性

これから日本でパイロットになるには

まず一生懸命勉強していい環境で学べる大学へ進学してください。それが一番の近道だと思います。また、万が一身体検査で条件を満たせないことが分かっても、就職や起業などの人生においてとれる選択肢も広がることでしょう。もし大学生であれば2年修了した時点から航空大学校の受験を目指してください。

ただし、現在有名大学に通っていないからといってパイロットになることを諦める必要は全くありません。採用担当からみても、学歴だけの人よりもパイロットになるために熱意をもって努力を続けてきた人に飛行機の運航を任せたいと思うでしょう。スポーツや音楽などに一生懸命打ち込んだ学生生活を過ごした人もパイロットになっています。日々の生活をどう過ごすかを変えればきっと、採用試験の時にはほかの人と差がついていいるはずです。(就職試験に向けての心構え

最大の難関は航空身体検査

それに加えて、パイロットの採用試験の最大の難関は何といっても航空身体検査です。(航空身体検査の受験対策)これに合格しない限りいくら学歴が優れていても優秀でもパイロットにはなれません。特に日本の航空身体検査は海外に比べて基準が厳しく、更に採用試験では定年まで厳しい勤務に耐えられるだけの人材を採用するためそれよりも一段と厳しい基準で採用試験を実施しています。

パイロットは日本でも世界でも不足している


今後、日本を含むアジアを中心にパイロットが相当数不足すると言われており、国としても定年を68歳に引き上げるなど対策を講じていますが、根本的な解決には若い人がパイロットになっていくことが不可欠です。パイロットのライセンスは、定期運送用操縦士、事業用操縦士といった国家資格ですので、取得していれば就職のチャンスは無限大です。自社養成や航空大学校に合格しなくてもチャンスは残されていますので、健康に気を付けながら初志貫徹で頑張ってください。

 

‟目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない。”  

 - マイケル・ジョーダン -(米国の元バスケットボール選手)

次回は学部についても考えていきます

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

作成者: becomeapilot

日系大手エアラインパイロット。
小学校の頃に家族旅行で飛行機に乗って以来パイロットの仕事に憧れてきました。
航空大学校を卒業後に就職。
国内線・国際線に乗務し世界を楽しく飛び回っています。

「パイロットになるのに有利な大学と学科は?」への9件の返信

becomeapilotさんは、航空大学校を卒業し、自社養成試験に合格したということでしょうか?
また、そうであれば、航空大学校を卒業したほうが自社養成試験に有利ということでしょうか?

あべ ごうた様

はじめまして。
ご質問ありがとうございます。

航空大学校を卒業すれば、事業用操縦士のライセンスを取得できますので、自社養成は受ける必要はありません。
航空大学校の卒業生はライセンサーとして入社します。卒業前の仙台課程でANAやJALなどの採用試験を受験します。
入社後は基礎訓練が終わっている状態ですので、会社ではジェット機の訓練からです。
自社養成では、この基礎訓練から入社した後に社員として行うことになります。

ですので、自社養成もしくは航空大学校に進むことになります。
両方合格した場合は自社養成が断然おすすめです。

こんにちは。初めまして。
大学を卒業後、ANAの自社養成と航空大学校の試験を同時にうけるということは試験日やそもそもの面からも可能なのでしょうか?
また自社養成をANAとJALの両方うけることは不可能ですか?
また、現在私は高校生なのですが、ANAの5次試験には英語でのコミュニケーション試験もあるということなので、大学は英語の力を強化できるような学校に進学し、4年間を通じて英語力を高めておくというのもいい考えでしょうか?

こんにちは、航空大学校、及び自社養成を考えている高校3年生です。
航空大学校や自社養成での面接で大学名での印象を少しでも上げるため、国立大学であることは当然のこと、知名度の高く、なるべく都会の大学に通うというのはいい考えでしょうか?
またそうなった場合、欲しいのは大学名なので、大げさな例ですが、学部はその大学の中で最も低い偏差値の学部に入るというのでも書類審査では問題ないでしょうか?(例えば、この大学でもこの学部なら偏差値が低いので、あんまりだな。などと書類審査で思われないかということです。)
よろしくお願いします

天野様
ゆー様

こんにちは。ご連絡ありがとうございます。
ご質問にまとめてお答えいたします。

パイロットを目指している人は、ANAとJALの自社養成と航空大学校の両方を受験することも多いようです。
自社養成は大卒が条件なので、両方受験する場合は必然的に大学を卒業する必要があります。
航空大学校であれば、2年修了見込みで受験可能です。

英語に関しては、上達するに越したことはありません。
日本でパイロットをするのであれば業務に必要な英語はそれほど難しいものではありません。
国際線を飛ぶ際にICAOの英語能力証明が必要ですが、それもレベルがあり、ほぼ全員が国際線に出ていますので心配はいらないでしょう。
もし英語に興味があれば4年間学ぶのも良いと思います。そのほかに勉強してみたい事があるのであれば、是非そちらを学ぶのが良いのではないでしょうか。
英語は、他の専攻を勉強しながらでも十分身に着けられます。
それよりも、貴重な大学生活を、興味のある分野を勉強する時間にあてたほうが良いと思います。

少しでもレベルの高い大学を目指すことは、その後の人生においてもプラスになる可能性が高いと思います。
東京に一極集中しているのが日本ですので、色んな経験がしやすいのは確かでしょう。
ただ、私見ですが、都会にあるからいい大学というのは、少し違うように思います。

それよりも、一生懸命にご自身が興味を持って取り組めることを学べる環境に行かれるのが良いのでないでしょうか。
パイロットの、特に大手航空会社の身体検査は厳しいですので、いくら優秀でも合格できないこともあります。
実際に、大手航空会社パイロットの出身大学や学部は様々です。
入社や入学にあたっては、学力試験や面接もありますので、偏差値よりも、ご本人の能力が最終的な決め手になると思います。

お役に立てましたら幸いです。

田中様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

学科は特にどんな学科でも良いかと思います。
当サイトでも記事を書いておりますので、
よろしければそちらもご参照ください。

初めまして、こんにちは。
昨年大学受験を失敗した浪人1年目ですが、最初は航空のある大学に進学を考えていました。しかし、経済的な面で地元の大学を受験しようと考えています。
そこで、航空大学校、大手エアラインの自社養成を目標に勉学に励もうと思うのですが、もし、大学時代にTOEICや英検など取得しておくと試験の際に有利に働く資格とかありますか?できれば目安でTOEIC何点など詳しく教えてほしいです。

のっち様

コメントありがとうございます。
大手エアラインも航空大学校も、入学試験に英語の能力を評価する試験があります。
航空大学校の場合は過去問も参考になると思います。

また、この先入社、入学してパイロットとして乗務し始めた後も国際線に乗務する場合には、
航空英語能力試験のレベル4以上を取得する必要があります。
ただしこの試験は合格するだけであればそこまで難しいものではありません。

いずれにしても、パイロットを目指す上で英語は避けて通れないので、何点というよりも、
時間の許す範囲で最大限能力を高められるのが良いと思います。
もしパイロットとは違う道に進む際にも必ず役に立つはずです。

英検とTOEICであれば、より実践的で広く使われているTOEICをおすすめいたします。

健康に気を付けて頑張ってください。
また何かありましたら遠慮なくお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください