カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

私立大学のパイロット養成コース

私立大学のパイロット養成コース

現在日本において旅客機のパイロットを目指す道として私立大学のパイロット養成コースも徐々に認識されてきました。東海大学、桜美林大学、法政大学、崇城大学などでパイロット養成コースが設定されています。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットになるのに有利な大学と学科は?

まずは4年制大学へ

私自身は航空大学校を卒業して、エアラインに就職しましたが、日本でエアラインパイロットを目指す方がまず考慮するのが航空会社各社の自社養成、そしてその次が航空大学校への進学でしょう。(航空大学校受験対策)この二つの選択肢が費用や学費、実績、教育水準を考慮してまず目指すべき進路です。まず自社養成試験への合格をめざし、合格できなければ他の就職活動の状況を考慮しつつ航空大学校の受験を考えてみてはいかがでしょうか。航空大学校であれば、大学卒業後に入学することも可能です。(日本でエアラインパイロットになるには1 
JAL・ANAの自社養成であれば4年制大学または大学院卒業・修了以上が必要ですし、航空大学校への進学も修業年限4年以上の大学に2年以上在学して単位をとっておく必要があります。航空大学校は短期大学又は高等専門学校も可能です。(私立大学のパイロット養成コース

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

日本でエアラインパイロットになるには

日本でエアラインパイロットになる方法

日本でエアラインパイロットになるには、

  1. 航空会社各社の自社養成制度
  2. 航空大学校への進学
  3. 防衛大学校へ進学して自衛隊のパイロットになる。その後民間へ。
  4. 私立大学のパイロット養成コースに進学する。
  5. 自費で国内外でライセンスを取得して、採用試験に合格する。