カテゴリー
パイロットの世界 航空大学校

航空大学校 宮崎座学2

入学式の前日に入寮するよう指示があったので、同期のみんなとはこの日顔を合わせる事になります。これから2年間、いや、生涯を通じて深く関わる戦友です。
みんな、荷解きをしたり、体を休めたりしながら、明日から始まる航大生活に備えていたはずです。
そこに突然の集合命令が。

カテゴリー
パイロットの世界 航空大学校

航空大学校 宮崎座学1

航空大学校の生活がどのようなものだったかお伝えします。忘備録もかねて。飛行機の事など全く分からない素人でも、卒業するまでに何とか飛行機を操縦できるようになります。パイロットの世界を少しでも身近に感じてもらえると嬉しいです。

なお、過去の記憶を振り返りながらなので、不正確な点があることはご容赦ください。

カテゴリー
パイロットの世界 航空大学校

パイロットの訓練

 

パイロットになるための厳しい訓練

パイロットの訓練は基本的に同じ試験に2回落ちるとフェイル、すなわち訓練中止となり、退学を余儀なくされます。会社の訓練でも同様で基本的に同じ試験に2回落ちると、パイロットとしての訓練は中止で、退社するか地上職に配置転換です。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットになるのに有利な大学と学科は?

まずは4年制大学へ

私自身は航空大学校を卒業して、エアラインに就職しましたが、日本でエアラインパイロットを目指す方がまず考慮するのが航空会社各社の自社養成、そしてその次が航空大学校への進学でしょう。(航空大学校受験対策)この二つの選択肢が費用や学費、実績、教育水準を考慮してまず目指すべき進路です。まず自社養成試験への合格をめざし、合格できなければ他の就職活動の状況を考慮しつつ航空大学校の受験を考えてみてはいかがでしょうか。航空大学校であれば、大学卒業後に入学することも可能です。(日本でエアラインパイロットになるには1 
JAL・ANAの自社養成であれば4年制大学または大学院卒業・修了以上が必要ですし、航空大学校への進学も修業年限4年以上の大学に2年以上在学して単位をとっておく必要があります。航空大学校は短期大学又は高等専門学校も可能です。(私立大学のパイロット養成コース

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

日本でエアラインパイロットになるには

日本でエアラインパイロットになる方法

日本でエアラインパイロットになるには、

  1. 航空会社各社の自社養成制度
  2. 航空大学校への進学
  3. 防衛大学校へ進学して自衛隊のパイロットになる。その後民間へ。
  4. 私立大学のパイロット養成コースに進学する。
  5. 自費で国内外でライセンスを取得して、採用試験に合格する。

カテゴリー
パイロットの世界 航空大学校

航空無線通信士

エアラインパイロットになるには必須の資格

飛行機の無線を使って管制機関などと交信する場合に必要な資格です。
航空無線通信士の操作の範囲は電波法により、下記のように定められています。

カテゴリー
受験対策 航空大学校

航空大学校 受験対策 3次試験

3次試験

航空大学校の3次試験は、面接試験及び飛行訓練装置による操縦適性検査となっています。これは宮崎県で航空大学校本校で実施されます。面接は航空大学校の学科教官や飛行教官によって実施されます。昔は実際に小型機に乗り込んで操縦適性試験をしていたようですが、最近は校舎の中にあるFTD:Flight Training Deviceを使用して行われます。実際に操縦の科目を行うわけではありませんので、事前の練習は必要ありません。

カテゴリー
受験対策 航空大学校

航空大学校 受験対策 2次試験

2次試験

航空大学校の2次試験は、身体検査です。この2次試験の身体検査は2回に分けて実施され、一回目の身体検査と心理適性検査を合格すると、二回目の脳波検査に進むことができます。この身体検査ですが、他の学科試験や、面接・適性検査と異なり、一度不合格になると次年度以降の再受験は認められていません。

カテゴリー
受験対策 航空大学校

航空大学校 受験対策 1次試験

航空大学校の入学試験は3次試験まで

航空大学校の入学試験は3次試験まででで、航空大学校のホームページによると
第一次試験 :総合Ⅰ(筆記)、英語(筆記、リスニング)、総合Ⅱ(筆記)
第二次試験 :身体検査A(心理適性検査を含む)、身体検査B(脳波検査)
第三次試験 :面接試験及び飛行訓練装置による操縦適性検査
となっています。

私が受験した当時と少し変わっている可能性はありますが、筆記試験に関しては数学、物理、化学などの理系科目もありますが大学入試のセンター試験程度で十分対応できた記憶があります。