カテゴリー
パイロットの世界 受験対策 航空教室

パイロットに必要な英語

パイロットになるには英語が話せないといけないイメージがあるようですが、パイロットになるのに英語はどの程度必要なのでしょうか。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

女性がパイロットになるには

女性がパイロットになるには

日本ではエアラインを含めパイロットになる女性は、最近までかなり少数派でした。しかし、大手航空会社でも女性機長が誕生しエアラインパイロットになる女性が徐々に増えてきています。日本において女性がパイロットを目指す場合、男性と条件はほとんど変わりません。当然同じ働き方をすれば待遇も同じです。
これまで日本で女性パイロットの数が少なかったのは、他の職業と同様にキャリア設計に出産・育児等の期間が考慮されておらず、多様な家族の在り方を反映していない男性向けのキャリアパスであったからでしょう。今後働き方が見直されるにつて、女性でも男性と変わりのないキャリアを築いていける環境が整ってくると思われます。参考(日本でパイロットになるには

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

就職試験に向けての心構え

就職活動で大切なこと

就職は人生でもとても大切な選択です。皆さんは就職活動に備えてどんな準備をされているでしょうか。興味のある業界、就職したい業界はどこか、その中でもどの企業にするか、やりたい事ができそうか、待遇や福利厚生はどうなっているのか等、企業について書籍や企業のホームページ、就活サイトなどを見て色々と研究されている事と思います。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

私立大学のパイロット養成コース

私立大学のパイロット養成コース

現在日本において旅客機のパイロットを目指す道として私立大学のパイロット養成コースも徐々に認識されてきました。東海大学、桜美林大学、法政大学、崇城大学などでパイロット養成コースが設定されています。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットと適性2

操縦適性

前回はパイロットになるための適性について、協調性や責任感などが大切だと書きました。その他にも飛行機を操縦するにあたっての適性についても考えてみたいと思います。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットと適性

求められる人物像

旅客機のパイロットに求められる人物像とはどのようなものでしょうか。私もパイロットを目指して頑張っていた時、自分には適性があるのか悩んでいました。周りにパイロットの知り合いもおらず、実際に旅客機を飛ばしている人たちはどんな人達なんだろうと思っていました。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットになるのに有利な大学と学科は? 2

学部

それでは、学部についてはどうでしょうか。パイロットになるには航空工学などを勉強しなくてはいけませんから、理系が有利だと思われている方も多いと思いますが、結論からすると文系・理系の有利不利はありません。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

パイロットになるのに有利な大学と学科は?

まずは4年制大学へ

私自身は航空大学校を卒業して、エアラインに就職しましたが、日本でエアラインパイロットを目指す方がまず考慮するのが航空会社各社の自社養成、そしてその次が航空大学校への進学でしょう。(航空大学校受験対策)この二つの選択肢が費用や学費、実績、教育水準を考慮してまず目指すべき進路です。まず自社養成試験への合格をめざし、合格できなければ他の就職活動の状況を考慮しつつ航空大学校の受験を考えてみてはいかがでしょうか。航空大学校であれば、大学卒業後に入学することも可能です。(日本でエアラインパイロットになるには1 
JAL・ANAの自社養成であれば4年制大学または大学院卒業・修了以上が必要ですし、航空大学校への進学も修業年限4年以上の大学に2年以上在学して単位をとっておく必要があります。航空大学校は短期大学又は高等専門学校も可能です。(私立大学のパイロット養成コース

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

日本でエアラインパイロットになるには2

前回記事、「日本でエアラインパイロットになるには」の続編です。

防衛大学校へ進学して自衛隊のパイロットになる。その後民間へ。

自衛隊のパイロットから民間のエアラインへ就職する方法もあり、割愛制度と呼ばれています。

カテゴリー
パイロットの世界 受験対策

日本でエアラインパイロットになるには

日本でエアラインパイロットになる方法

日本でエアラインパイロットになるには、

  1. 航空会社各社の自社養成制度
  2. 航空大学校への進学
  3. 防衛大学校へ進学して自衛隊のパイロットになる。その後民間へ。
  4. 私立大学のパイロット養成コースに進学する。
  5. 自費で国内外でライセンスを取得して、採用試験に合格する。