カテゴリー
パイロットの世界 受験対策 航空教室

パイロットに必要な英語

パイロットになるには英語が話せないといけないイメージがあるようですが、パイロットになるのに英語はどの程度必要なのでしょうか。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

ジェット旅客機の巡航速度

巡航高度に到達した飛行機は巡航速度での飛行に移ります。
飛行機の空中での速度はほぼ同じですが、上空の風は時速300km/hを超える風が吹く場所もあり、追い風を受けて飛ぶ場合と向かい風に抗って飛ぶ場合でも所要時間は大きく変わります。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

パイロットのフライトバッグの中身

パイロットが空港でキャリーケースを何個も転がしながら移動しているのを見かけた事があると思います。たいていはフライトに使用する道具が入ったフライトバッグと、宿泊用の個人的な荷物を入れたスーツケースです。パイロットのフライトバッグの中には何が入っているのでしょうか。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

ジェット旅客機の巡航高度への上昇

飛行機は空港のあるターミナルエリアを出ると航空路へ会合するために上昇していきます。通常、旅客機の巡航高度は29000ftから41000ftです。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

空港の標識

前回は夜の空港を彩る灯火の種類や意味についてご紹介しました。それぞれのライトの意味が分かると見ていて面白いものです。飛行機の窓側に座ってパイロットの気分になってみてください。
今回は空港の標識・サインについてご紹介します。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

SHELLモデル

SHELLモデル概要

航空業界に古くからある安全の考え方の一つに、KLMオランダ航空フランク・H・ホーキンズ機長が提唱したSHELLモデルというものがあります。

SHELLのそれぞれのS・H・E・L・Lは以下の事を表しています。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

ジェット旅客機の離陸時の速度

ジェット旅客機の離陸速度

ジェット旅客機の離陸速度はF1レーシングカーの最高時速並みです。例えばボーイング787型ジェット旅客機の離陸時の速度は時速300㎞、機体の重量は250トンに達する時がありますが、実は離陸時のスピードは毎回違います。パイロットはその便の状況を考慮して離陸時の速度を計算し、安全を確保しています。ジェット旅客機の離陸時の速度や種類はどんなものがあるかご紹介いたします。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

空港の灯火や標識の意味

夜間の空港に行くと、きらびやかな灯火・ライトが何種類も設置されており、魅力的な夜景に一役買っています。また昼間でも一般道路とは違った標識が多数設置されており、空港の安全性を高めています。
これらの灯火や標識には当然一つ一つ意味があり、国際的に統一されています。
飛行機に乗った時に、窓から見える標識や灯火の意味が分かれば、空の旅も更に面白くなるのではないでしょうか。是非窓側の座席に座ってパイロット気分を味わってみてください。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

自動操縦

パイロットと自動操縦

現代の旅客機は自動操縦装置が装備されているのが当たり前になっています。この自動操縦装置はオートパイロットとも呼ばれ、地上走行と離陸以外はほとんどやってくれる優れものです。それも離陸後1~2分後には自動操縦に切り替え、着陸前の数分前まで自動操縦のままフライトすることが大半です。
それではパイロットはいったい何をやっているのでしょうか。

カテゴリー
パイロットの世界 航空教室

高高度で窒息しない理由

1万メートル上空

旅客機が巡航する高度は10000m~12500mくらいの上空です。地上で10km移動しても環境はほとんど何も変わりませんが、上空に10km上昇すると、地上では想像できないような厳しい世界です。気温はマイナス50度以下、空気もとてもうすくて酸素が十分無く、意識を失うのに1分とかかりません。冬場の日本の上空はジェット気流が時速300kmを超える速度で吹いています。とても人間は生きていられないような過酷な環境です。